スロット軍資金の目安について

今回の記事は【軍資金の目安】について説明しています。

「朝から閉店まで打ちたいけどいくら必要?」

「収支表は付けたほうがいいの?」

「軍資金を使い切った場合、追いかけたほうがいいの?」

などの疑問にお応えすべくポイントを説明していきます。

また「設定⑥の見つけ方」など設定師にしか分からない情報「設定①でも勝つ方法」に興味がある方は下記の記事もご覧ください。

スロット軍資金の目安には幅がある

あなたはスロットを打つとき下のどれに当てはまりますか?

○学生なのでバイト代を握りしめていく

○サラリーマンなので少ないお小遣いを持っていく

○お金持ちだからたくさん持っていく

きっとバラバラだと思います。

その人の職業や立場でスロットの軍資金もかわってきます。

一般的にスロットを1日打とうとした場合、ざっくりとした計算で2万円~7万円くらいあれば大体は足ります。

なぜそんなに幅があるのかといいいますと、打つ機種によって必要な軍資金はガラッと変わるからです。

ですので今回の記事では

【自由に使えるお金】-【打つ機種の投資額目安】がマイナスかプラスか?

をひとつの指標になるような考え方で説明していきます。

タイプ別の軍資金の目安

Aタイプの場合

マイジャグラーEXの筐体ツインドラゴン ハナハナの筐体

目安:2万円~3万円

このタイプは基本的にいちばん軍資金がかかりません。初心者におすすめされる理由のひとつでしょう。

仮に「アイムジャグラーシリーズ」を1日打とうとした場合は2万円程度あれば足ります。

但し展開が悪い場合もあるでしょうし余裕をもって3万円くらいは用意しておきたいところです。

ちなみに金銭的に余裕がある人でもそれ以上使うのはおすすめしません。

理由としては「取り返せない」からです。

分かりやすく言うとこのタイプは爆発力がないからたくさん投資しても戻ってきませんという意味ですね。

4万円や5万円を投資しても取り返すのが至難の業になります。

まとめると

例)【自由に使えるお金が4万円】-【打つ機種は主にAタイプで3万円)】

残りは1万円あるので十分に適正な遊べる範囲といえます。

注)実際の結果は異なる場合が当然あります。5万円勝つこともありますし逆もあります。あくまでも目安として捉えてください。

AT・ARTタイプの場合

ミリオンゴッド 神々の凱旋の筐体押忍!番長3の筐体

目安:4万円~7万円

このタイプを1日打とうとしたら、多くの軍資金が必要です。

極端な機種だと「ミリオンゴッド凱旋」は、平均すると千円で回せるのは、せいぜい25ゲーム前後です。

仮に天井まで回した場合は6万円、運が更に悪いと7万円くらいは必要になります。

そこまで回すまでに引き返せればいいのですが…なかなかそうもいかない場合があります。

展開が悪かったと時のことも考え7万円程度は持つようにしておくのがよいでしょう。

「ミリオンゴッド凱旋」は特別に投資がかかりますが、他のARTタイプを打つなら5万円もあれば十分です。

このタイプは多少の投資がかかっても「取り返せる場合がある」のがメリットです(それが逆にデメリットにも)

ついつい突っ込んでしまいがちなので…あくまでも自分の使える範囲で勝負しましょう。

注)実際の結果は異なる場合が当然あります。あくまでも目安として捉えてください。

スロットの収支表を付けよう

収支表

皆さんはスロットの収支表は付けていますか?

もし付けていならいますぐにでも付けるべきです。『スロットは単なる軽い趣味程度!』という人でもできるだけ収支を付けるクセ付けをしましょう。

収支表を付けるのは最初はちょっと面倒くさいです。正直言いますと私もそうでした。負けた時は記憶を葬りたいので特に収支を付けたくなかったです(現実逃避)

けどメリットもたくさんあることに気が付きました!むしろこれからスロットで少しでも収支を安定させたい人は最初の一歩として始めてみてはいかがでしょうか?

収支表を付けるメリット

そもそも勝っているか負けているか把握できる

日によって勝つ負けるは誰にでもあります。

重要なのは1か月単位で収支がそもそもプラスなのかマイナスなのかを把握することです。

たったこれだけのことですができていない人が多いです。

勝った金額は覚えていても、負けた額は忘れたいせいか覚えていないんです…

一定期間での勝ち負けを把握することで次の行動が見えてきます。

無駄遣いを防止できる

スロットで勝った場合はどうしても財布のヒモが緩くなりがちです。

『5万円勝った!欲しかったゲーム機を買おう!』などありがちですが収支を付けていない場合は危険です。

そもそも今月10万円負けてるかもしれません…

収支表を付けていればその場の喜びで衝動買い!なんてことも避けられるようになります。

収支表の必要な項目

最低限の項目

・日付

・お店

・機種

・投資額

・回収額

・収支結果(日・月・年)

あると尚よい項目

・稼働した時間

・時給に換算(これを計算して見ると…冷静になれる人が多くいます)

・台番(高設定が投入されるクセが分かるかも)

・簡単なメモ(その日は何が出ていたかなど)

どうでしょうか?スロットで勝っている人は100%収支表を付けています。

少し面倒に感じるかもしれませんが、今は便利なアプリがたくさんありますので全然手間はかかりません。

よろしければ下のリンクを参考にしてみてください。自分に合ったものが見つかると思います。

【パチンコ・パチスロの収支管理 おすすめアプリランキングTOP10】

https://app-liv.jp/lifestyle/finance/1119/

 

もし軍資金を使い切ってしまったら

悩む人

大人しく帰宅しましょう(天井付近、チャンスゾーン中など根拠がある場合は除く)

・あと千円だけ!⇒だけで済まない

・もう少しで出そう⇒まず出ません

負けてくると冷静な判断力を失いズルズルと投資しがちです。誘惑に負けず次の機会にリベンジしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回のポイントは

  • 軍資金は自分が自由に使えるお金+打ちたい機種のタイプから目安を付ける
  • 必ず収支表を付ける
  • 決めた軍資金以上は使わないよう心掛ける

また「設定⑥の見つけ方」など設定師にしか分からない情報「設定①でも勝つ方法」に興味がある方は下記の記事もご覧ください。

スロット軍資金
最新情報をチェックしよう!