設定⑥の見つけ方~設定師が明かします~

今回の記事では

『設定を見つけやすくする』

高設定が入りやすい場所を知る』

そんなスロットユーザーの目標である「設定⑥を掴む」コツに関するお話です。

 

最初に断っておきますが

『1,000円で設定⑥が掴める!』

『楽して毎月100万円稼げる!』

そんな事は言いませんし、まず不可能です。

もしそのような情報を求めているのでしたらこの記事は読み進めないほうがいいでしょう。

 

ただし

・今やみくもにスロットを打って負けている…

・高設定をもう少しツモれるようになりたい!

という人にとっては価値のある内容だということだけはお約束します。

ホールに朝から足を運んで、イベント狙いをしている人は特に向いているかもしれません。

 

ネットでよく見かける

・角台に設定⑥が入りやすい

・こういうホールは据置きが多い

など…そんな検索すれば出てくる当たり前の情報では意味がありませんよね?

 

私が紹介するのは裏側の人間、つまり「設定師の視点」でしか分からない情報です。

「設定はどの辺に入りやすいか?」

「設定をなぜ使うのか?」

など憶測ではなく実際の答えから導いた「法則性」に基づく内容を書いた曝露本

”設定⑥掴む為のスロット営業解体新書”

の紹介です。

 

もちろん100%勝てるという方法ではありません。

ですが、高設定を使っているホールであれば、内容を頭に入れておくだけで設定⑥をツモる確率が必ず上がります。

効果はホールの強さ、イベントの強さによって様々ですが、確実に高設定を見つけやすくなるでしょう。

その点は元設定師であった筆者が保証します。(今回、設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書を筆者自身が実際に購入して中身を確認済み

 

・朝から並んでスロットを打つ

・休日をスロットでのんびりと過ごす

スロットを楽しむスタイルは人それぞれですが、あなたの貴重な時間をスロットで消費していることは事実です。

せっかく打つなら今よりもっと勝ちましょう!!

騙されたと思って、この機会に設定⑥を掴む方法を知っていただければ幸いです。

「設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書」はこんな人に向いています

●スロットで勝てない現状を変えたい

●今でも勝ってはいるが更に勝ちたい

●普段、イベント公約を狙うことが多い

【設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書】の概要

masato
設定師のパターンを見抜き、設定⑥を掴むことを主な目的とした内容です。

【設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書】を書いている人は?

設定6を掴む為のスロット営業解体新書

「設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書」を書いている人が、無名な人物だったら「大丈夫?胡散くせーっ」て思いますよね。

私もあなたの立場だったらそう思います。

書いている人はクロロ店長という【パチンコ店長のホール攻略】というブログを運営している人気ブロガーです。

過去「スロパチステーション」の解析ブログ部門、「日本ブログ村スロットブログ部門」ともに1位を達成しています。

同時に業界人でもありスロッターでもあるため、スロットにかなり強く精通している人物です。

設定6をつかむためのスロット営業解体新書

スロットユーザーなら名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

そういった意味で「解体新書」がしっかりした内容であることは容易に想像がつくかと思います。

実際に何ができるの?

masato
「解体新書」では実際に何ができるのか?具体的な例を用いて紹介します。

どのような場合に設定⑥や高設定が掴みやすくなるのか?

ここでは「イベント公約」を例にして挙げてみましょう。

スロパチステーション、アツ姫、必勝本など公約が存在するほとんどのケースで使えます。

【設定を見つける場合】

例1)全台設定④⑤のイベント公約。6台の設置機種の場合、どうやって設定が入るか?

1:④④⑤⑤⑥⑥なのか?

2:④⑤④⑤なのか?

【設定⑤⑥を見つける場合】

例2)1/2で設定⑤⑥のイベント公約。8台の設置機種はどうやって設定⑤⑥が入るか?

1:①①①①⑤⑤⑥⑥なのか?

2:①なのか?

答えがここで書けないのが本当に残念ですが…

設定師の考え方、クセによって入れ方の違いはありますが、設定師も人間です。

高設定を使って客にアピールしたい、業績を上げたい気持ちは、どの設定師にも同じことがいえます。

 

その気持ちが「法則性」「パターン」として必ず現れるのです。

これ…筆者自身も今思い出してみると、無意識のうちにそうやっていましたから。マジです。

 

ですので例で挙げたようなイベント公約の場合、他人より「設定⑥」を効率的に掴めます。

イベント公約をガセることが少ない信頼できるホールなら「全台系」「1/2系」「5台並び」などいろいろ場面で応用が効くでしょう。

【設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書】の内容

masato

ここでは、解体新書の内容の一部、価格などを紹介していきます。

解体新書の項目(一部抜粋)

目次の一部を抜粋しました。

赤字になっている項目は次項で詳しく触れていきます。

【第1章 パチスロ営業の実態】

  1. ◯◯◯◯◯◯がスロット営業には重要
  2. 6は◯◯◯◯◯◯を前提に入れる

【第2章 設定の入る場所】

  1. 最も設定が入る可能性が高い場所
  2. 設定の入れ方の法則「◯◯◯◯理論」
  3. 新台をわざわざ◯◯◯◯側に設置する意味
  4. ◯◯◯◯◯で設定が入る場所がわかる

【第3章 全台系イベントとAタイプ営業の考察】

  1. 全台系イベントにおける設定の実態
  2. 全台系イベントで6が入りやすい場所
  3. ◯◯に設定を入れるようになってきた理由
  4. Aタイプの設定の入れ方と落とし方

【第4章 機種別の営業実態】

  1. 沖ドキ!の設定配分の特色
  2. 押忍!番長3の設定配分の特色
  3. ジャグラーの設定配分の特色
  4. ハナハナの設定配分の特色
  5. アクロス系Aタイプの設定配分の特色

【第5章 設定師の裏話】

  1. 設定師のタイプは◯種類に大別される
  2. バラエティの育成に拘った設定師
  3. ◯◯◯◯◯◯◯ホールの見抜き方

【第6章 設定値公開の機種別データ】

  1. ◯◯◯◯◯◯の設定別出玉推移
  2. マイジャグラー3の設定別出玉推移

気になる項目はありましたか?

この記事を読まれている方が気になりそうな項目をざっと抜粋してみました。

その他マニュアル全体の内容として

・合計で50,000文字を超えるボリューム

・スランプデータ画像29枚

・データレンプ画像296枚

・営業シミュレーション数値29枚

・レイアウト画像15枚

かなり充実した内容ということがお分かりいただけるかと思います。

【設定⑥の見つけ方】の紹介

masato
ここではマニュアルの核心部分である「設定⑥を掴む方法」に深く触れている項目を一部紹介します

最も「高設定」が入る可能性が高い場所(第2章)

設定6を掴む為にスロット営業解体新書

設定師のクセによって多少のバラつきはあるものの、過去の傾向から大半の店で通用する考え方を「クロロ店長」が曝露。

設定が入るとしたら「○○の付近!」そんな理由が明確に語られています。

【個人的な感想】

ほぼその通りといった感じで十分に実用性があります。

筆者はこれを読んだ時、ドキッとしました。頭に入れておくだけでも、立ち回り方が自然と変化するはずです。

設定の入れ方の法則〇〇〇〇理論(第2章)

仮に10台ある機種で1/2で高設定が入るとしたらどう入るか?

このような法則を曝露しています。

今まで「クロロ店長」が設定師を何人も見てきた中で、共通の法則があるようです。

もちろん例外もありますが、それは少数派で大半の設定師は〇〇〇〇理論により設定が入るとのこと…

【個人的な感想】

私も過去に数人の設定師を見てきましたが、確かにその傾向が強めでした。

こうなるには理由があるのですが、その根拠も書かれていて面白い内容です。

いろいろな場面で応用が効きくでしょう。

押忍!番長3の設定配分の特色(第4章)

押忍!番長3

機種に関しての設定配分、特色についても書かれています。

・通常営業は設定〇がベースで使われる。

・イベント日では設定〇が多く使われる

実際の例をもとにした詳しい内容でした。

【個人的な感想】

機種の特性を理解している設定師ならこうするだろうという内容。
詳しく書けないのが残念ですが、多くの設定師に共通する部分があります。
押忍!番長3の設定⑥はスペックが高いので、ぜひ読んでおくべきです。

【設定⑥を掴むためのスロット営業解体新書】の価格

「設定⑥を掴むためのスロット営業解体新書」の価格は、低スペックの「アイムジャグラー」の設定1回ツモるだけで十分にお釣りがくる程度でした(5.6枚交換のホールでも余りますよ)

番長3の設定⑥なら1回ツモっただけで十分すぎるほどの恩恵です。

そう考えていただければ決して高くない価格だということは想像していただけると思います。

※詳しい価格は「公式サイト」で確認してみてください

 

もちろん設定①~設定⑤までしか使わない店では設定⑥を掴むことはできません。

ですが「高設定」すなわち設定④や設定⑤の掴み方についての考え方は結局同じです。

 

解体新書にはそういったヒントが多く、他人よりも有利になる情報が詰まっています。

機種の攻略法ではないので、数年先に規制の影響でスペックが変わろうが、スロットに設定という機能がある限り、ずっと利用できるところがポイントです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
もう少し詳細を知りたいという方はそのまま読み進めていただければと思います。

※もう大体内容は分かった!という方は下記の公式サイトへ

設定師の裏側を曝露【設定6を掴む為のスロット営業解体新書】公式サイトはこちら

良かった点、悪かった点

masato
「設定⑥を掴む為の解体新書」を実際に購入し、良かった点だけでなく悪かった点も紹介します。

悪かった点

①設定が入っていることが前提

あくまでも「設定が入っているホール」を前提にした内容です。

普段からオール設定①で営業しているホールでは全く効果がありません。

逆にイベント狙いなどの立ち回りをしている(これからしたい)人には最適です。

普段忙しくて「設定①だらけのホールでしか打てない!」という方は『設定①でも勝つ方法』の記事をご覧ください

 

②機種データーに撤去済みのものがある

機種毎の設定配分のページがあるのですが旧基準機が多かったのは少し残念でした。

ただし、後程詳しく説明しますが設定の入り方という点では、実はデメリットはなく現行の機種でも問題ありません。

良かった点

設定6を掴む為にスロット営業解体新書

 

①設定師側の視点がありのままで書かれている

業界人、設定師しか書けないかなりぶっちゃけた内容。

今までありそうでなかったマニュアルです。

 

②設置機種に左右されない

機種の攻略法は該当機種が撤去されてしまえばそれでおしまいです。

ただし設定の入りやすい場所というのは機種が変ろうが、スロットが存在する限り基本的な傾向はずっと変わりません。

つまり「設定⑥を掴む為の解体新書」は

「数年先でもずっと使えます!!」

メチャクチャ汎用性が高いです!!

この要素はかなりのメリットだと思いますね。

 

③図解入りで分かりやすい

設定6を掴む為にスロット営業解体新書

随所にレイアウト図を用いた説明があるので「ここに高設定が入りやすい」などイメージがしやすい作りです。

文字だらけの内容ではないので自然と頭に入ってきます。

【設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書】のまとめ

筆者は本来ならスロットの「教材」や「攻略法」の類はあまり紹介しません。

なぜなら詐欺まがいのモノや、ネットで調べれば分かるようなものばかりで「実用性」のあるものが少ないからです。

その点、今回は自身で購入して「実用性」を確認できたので紹介させていただきました。

 

「設定⑥を掴む為のスロット営業解体新書」は何の技術も必要としません。

初心者、上級者に関わらす内容を理解するだけでも、立ち回りは自然に変化するでしょう。

あなたがスロットで勝てるようになるのを本気で応援してます!頑張ってください!!

※下記クリックで公式サイトへ

 

 

設定6の見つけ方
最新情報をチェックしよう!