パチンコ店はそれほど儲けてない?

こんにちは!元スロット店員の『masato』です.

パチンコ店って儲けているイメージがありますか?

それとも儲かっていないイメージですか?

果たしてどちらでしょうか…

『実際に戻ってくる金額は?』

『他のギャンブルと比較してどうなの?』

など普段はあまり気にしていない部分も分かるよう説明していきます。

ひとつの予備知識として気軽に読んでいただければ幸いです。

また「設定⑥の見つけ方」など設定師にしか分からない情報「設定①でも勝つ方法」に興味がある方は下記の記事もご覧ください。

パチンコ店の【売上】=【儲け】ではない

スロット店の儲け

パチンコ店における儲けとは売上げではありません。

もちろん売上げが少ないと、お客さんが少ないということになりますので、重要なことには間違いないです。

ただし【儲かっている・儲かっていない】の話になると意味が少し変わってきます。

10万円お客さんが台に突っ込んでも、その全額が店の儲けにならない理由として「還元率」があります。

「還元率」とは使った金額に対していくら返しているかをパーセンテージで表したものです。

●10万円使って5万円戻ってくれば還元率は50%。店の儲けは5万円。

●10万円使って9万円戻ってくれば還元率は90%。店の儲けは1万円。

このようにパチンコ店は売り上げではなく「還元率」によって儲けをコントロールしています。

余談ですが、店側から見た場合は「利益率」という表現になります。使った金額に対していくら取っているかの割合ですね。

ただし利益率は店側の視点からの表現なので、よりユーザーに側に近い「還元率」を用いて次項から説明します!

パチンコ店はそれほど儲けていない?

スロット店儲け

 

下の表は主なギャンブルの還元率を一覧にしたもので【1万円を投資した場合の還元率の平均値】を示しています。

名称1万使った場合のリターン還元率
宝くじ4,600円46%
オートレース7,000円70%
競馬7,000~8,000円70%~80%
競輪7,500円75%
競艇7,500円75%
パチンコ・スロット8,000円~8,500円80%~85%
masato
思っていたよりパチンコ・スロットの還元率は良心的な気がします

というか…そもそも宝くじが低すぎるのか!!笑

『けど何だか嘘っぽい!本当はもっとボッタくりじゃないの?』

という声もありそうなので…実際の数字を少しお見せします

実際の儲けをデータから探る

スロット店儲け

下の表は私が担当していた某店の月間平均データです。(都内ではない等価交換のお店です)

稼働率1台あたりの売上平均1台あたりの利益平均還元率
A店30%下回る弱小店22,400円4,000円82.1%
B店40%以上の中規模店25,300円3,300円87.0%
  • A店は毎日が設定①で営業のボッタクリ店
  • B店は高設定を入れそこそこ頑張っている店
masato
なんとボッタくりのA店でも還元率は80%を超えていました。

スロットは設定①より下の設定が存在しないので…やはり等価交換だとこれくらいしか利益は取れませんね…

一般的なイメージより還元しているという表現が適切かは疑問ですが、実際に利益としてはその程度しかありませんでした。

好調な駅前店舗でも1台あたりの利益平均はは5,000円~6,000円くらいが限界かなぁと思います。

還元率と機械割の違いは?

よく「還元率」と「機械割」は同じという認識を持ちやすいですが全くの別物です。

機械割が98%の台で10万円使った場合にいくら戻ってくるでしょうか?

 

『9万8千円戻ってくる』と答える人はかなり多いと思います。

ですが実際に戻ってくるのは9万円くらいが正解です。

 

なぜそうなるのか?少しややこしいので、できるだけ省略して説明します。

●機械割は
【総払い出し枚数÷IN枚数】=【機械割】
●還元率は
【使った金額÷戻ってきた金額】=【還元率】

上記のように計算されます。

遊戯した枚数にたいしての数値が「機械割」。使った金額に対しての数値が「還元率」です。

この時点で分かっている数値は

●10万円使う(使った)こと

●機械割が98%の台で打つこと

の2点なのであとの不明な数値は

【総払い出し枚数】と【IN枚数】です(機械割は98%で固定します)

この場合は10万円使っているので、使った金額からIN枚数の予測をつけることからスタートです。

小役が揃ったり、ボーナスが当たったり…

スロットを打つ人のスピードや機種によってバラつきますが、大体使った金額枚数の4倍~5倍がIN枚数になります(ここでは5倍で計算します)

ではIN枚数を予測してみます。

  1. 10万円をメダル数にすると5,000枚
  2. 5,000枚の5倍でIN枚数は25,000枚くらいと予測
  3. IN枚数25,000枚の機械割98%で総払い出し枚数は24,500枚
  4. 総払い出し枚数24,500枚からIN枚数の25,000枚を引くと=-500枚(負け金額)
masato
つまり機械割98%の台で10万円使うと9万円がもどってくる計算です(還元率は90%)

まとめると…

投資金額10万円
回収金額9万円
還元率90.0%
機械割98.0%

ちょっとややこしいですが、還元率と機械割は別物なんだという認識だけあれば、無理に理解しなくても大丈夫です!

まとめ

いかがでしたか?今回のポイントは

  • パチンコ・スロットの平均還元率は15%~20%
  • 還元率と機械割は別のもの

思っていたよりパチンコ店の還元率は高いのですが、低設定で長期間打てば負けがどんどん増えていきますのでご注意を!

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

また「設定⑥の見つけ方」など設定師にしか分からない情報「設定①でも勝つ方法」に興味がある方は下記の記事もご覧ください。

パチンコ店はそれほど儲けてない?
最新情報をチェックしよう!