パチスロ必勝本 取材イベントの公約

パチスロ必勝本の取材イベントの公約と信頼度をまとめました。

パチスロ必勝本は信頼度がそこそこ高くおすすめできるイベントが多いです。

公約をしっかり理解してくことで立ち回り効率がアップしますので参考にしてください。

※ 注意事項
  • 公約内容は独自に調べたものです。
  • 公約はイベント媒体が保証しているものではありません。
  • 悪質な店舗では公約を守らないケースがあります。

パチスロ必勝本といえばパチスロ攻略誌として有名で、ライターさんも多く所属しています。

さすが攻略誌だけあって取材イベントの内容もユーザーが好みそうなものが多いです。

公約が分かりやすいものが多いので理解さえすれば立ち回りしやすいでしょう。

必勝本イベントをよく知らないユーザーもまだ多いので競争率という点でも狙い目だと思います。

Bakyun!(バキュン!)公約

バキュン!公約

5台の設定⑤⑥並び×2個所以上
(個所数はスロット総台数によって変化)

バキュンは高設定の並び・塊系のイベントです。

開催店舗が多い人気のバキュン!上位互換の「スケールシリーズ」もあり狙えるイベントのひとつです。

⑤⑥⑤⑥⑥⑥…などの高設定が5台連続で並びます。

5台並びが何か所あるかは店のスロット(20円スロット)の総台数で変化します。

  • 総設置台数250台以下:2個所以上
  • 総設置台数251台以上:3個所以上
  • 総設置台数351台以上:4個所以上

500台とかスロットのある店で2箇所はさすがにショボイので、総台数によって数が変化するのはいいポイントかと。

ちなみに台番号が5台続いていれば公約は成立するので機種を跨いでの5台連続も可。

(この手のイベントは、必ずといっていいほど機種跨ぎが1箇所はあります

※私なら即バレ防止対策として1個所は違う機種への跨ぎ、且つ中間設定を混ぜたフェイク箇所を別で用意するかも。

フェイク台を狙うのは難しいので「出ている隣、周辺」を狙うのがセオリー。

バキュンの公約は特別に強い訳ではないですが、ガセは少なく狙いやすいイベントです。

※ただし設定④が混ざっているようなケースもあるので注意しましょう

S-Bakyun!(スーパーバキュン!)公約

5台の設定⑥並び×2箇所以上

バキュン!の上位互換。

公約が設定が⑥になる分、即バレしそうな内容で競争率は高いですが期待度は高めでしょう。

開催店舗が少ないのが残念ですがその分、S-Bakyun!をやる店はそこそこ出す気があるはずなので狙いたいところです。

5台並びが何か所あるかはバキュン!同様、スロット総台数で変化します。

  • 総設置台数250台以下:2個所以上
  • 総設置台数251台以上:3個所以上
  • 総設置台数351台以上:4個所以上

Bakyun!TRES(バキュン!トレス)公約

Bakyun!TRES(バキュン!トレス)

設定⑤⑥の3台並び×5箇所以上

Bakyun!の並びを5台から3台に変更したような内容。

その分、設置箇所が多くなりますがトータルの⑤⑥の数はBakyun!と同じくらいになるのでは?と思います。(ちなみにTRESとはスペイン語で数字の3を表します)

この手の公約は全台系とは違い、メイン機種にも入りやすいのがメリット。

3台並びなので番長3などのハイスペック機にも入れてくれる店で狙いたいですね。

最近になって開催する店舗が増えてきましたので狙ってみても可。

S-Bakyun!TRES(S-バキュン!トレス)の公約

S-Bakyun!TRES

3台の設定⑥並びが×3箇所以上

設定⑥の並びになった分、バキュン!トレスよりは見つけやすい公約。

少台数の設置機種に入れてくれる店なら、より立ち回りやすいです。

Bakyun!Scale系の公約

Bakyun!をスケールアップし期待度が更に上がったシリーズです。

Bakyun!scaleⅩ(バキュン!スケールエックス)

Bakyun!scaleⅩ(バキュン!スケールエックス)公約

5台以上の高設定⑤⑥並び×10個所以上

Bakyunの上位互換。

スロット総台数に関係なく5台の⑤⑥並びが10個所以上という固定の公約です(5台並び×10箇所=50台の設定⑤⑥

スロット300台の店だと1/6の確率、500台の店で1/10の確率なので総台数が少ないお店ほど高設定をツモりやすくなります。

ちなみにⅩはローマ数字で10という意味なので、イベント名にこのⅩが付いたのでは?と勝手に想像しています。

Bakyun!scaleO(バキュン!スケールオー)

Bakyun!scaleO(バキュン!スケールオー)公約

5台以上の高設定⑤⑥並び×8個所以上

Bakyunの上位互換。

イベントロゴに「タコ」が描かれています。タコの足は8本。

英語でOctopus(オクトパス)なのでイベント名にこのOが付いたのでしょう。

固定公約なのでBakyun!ScaleXと同様にスロット総台数が少ない方が有利です(5台並び×8箇所=40台の設定⑤⑥

Bakyun!scaleⅬ(バキュン!スケールエル)

Bakyun!scaleⅬ(バキュン!スケールエル)公約

5台以上の高設定⑤⑥並び×7個所以上

Bakyunの上位互換。

イベントロゴに「てんとう虫」が描かれています。てんとう虫は英語でLadybugなのでイベント名にこのLが付いたのは想像できます。

7個所を連想させる要素は…ナナホシてんとう虫というのが存在しますのできっとこれでしょう!

固定公約なのでBakyun!ScaleXと同様にスロット総台数が少ない方が有利です(5台並び×7箇所=35台の設定⑤⑥

Zukyun!(ズキュン!)の公約

Zukyun!(ズキュン)公約

特定の台番号の末尾が全台④⑤⑥

末尾の公約でBakyun!に次いで人気のイベントです。

例)対象末尾が3の場合

3・13・23・33・43・53・63・73・83~が設定④⑤⑥

仮にスロット設置台数が300台の店なら30台が④⑤⑥になります。

比較的どの店も公約は守っているケースが多いです。

但し過去のデータから設定④なども混ぜながら…といったお店もやはりあります。

店次第ではありますが、Bakyun同様に立ち回りしやすいイベントなので比較的おすすめです。

Dokyun!(ドキュン!)の公約

Dokyun!(ドキュン)公約

各機種1台以上の設定⑤⑥(5台以上設置の機種が対象)また、15台以上の設置機種の場合は設定⑤⑥が2台以上

Dokyun!は各機種に最低.1台の高設定が投入されるイベントです。当然、少台数の機種が狙い目になります。

5台設置の機種なら1/5の確率で⑤⑥がツモれるので、台数が少ない機種から狙うのが正攻法。

但し、お店によってはガセをしやすい公約かもしれません。

たとえば10台設置の機種で⑤⑥を1台も入れなくても、どれか勝手に出てしまうケースがあるからです。要するに設定①の誤爆です。

ですのでお店の選択はしっかりとして挑んだほうがいいですね。

ドドンパの公約

ドドンパ公約

  • 総台数の10%以上が設定⑤⑥
  • 全台⑤⑥の列・1/2⑤⑥の列・1/3⑤⑥の列・各1個所以上

列のイベントってあまり見かけないので、いい意味で色々な配分パターンが楽しめそうです。

ドドンパの過去記事やツイッター投稿などを見ると公約内容は【列イベント】で間違いないです。

全台⑤⑥列はイベントプロ(専業)に狙われやすいですが、1/2⑤⑥列は一般人でも後ヅモしやすいメリットがあります。

店もこの公約だと、高設定を使いながらも利益の調整がしやすいはずなのでバランスの取れているイベントかなと。

店によって列の長さは違いますが、まず10台や20台などの長い列は対象になりにくいです。

短い列(1列が5台8台くらい)が狙い目でしょう。

メガ取材の公約

メガ取材公約

2機種以上が全台設定
(3台以上の設置機種が対象)

全⑥が対象で3台~4台設置の機種を対象に狙うのがセオリーです。

ただしこのような公約の場合、ユーザーに即バレしてしまうデメリットがあるせいか開催店舗はあまり見たことはありません…

見かけない分、開催してるお店があれば狙っていきたいイベントです。

BUZZ!(バズ!)関東版

BUZZ!公約

1/2の確率で設定⑥×4機種以上
(3台以上の設置機種が対象)

設定⑥が投入される公約なので、積極的に狙いたいイベントです。

こちらも開催店舗はあまり見かけないのですが地味に公約は熱いです。

具体的な例を挙げると
●3台機種 設定⑥が2台
●9台機種 設定⑥が5台

このように割り切れない設置台数の場合、投入される設定⑥の台数が繰り上がります。

また、多台数設置している機種を対象とした場合だと
●20台機種 設定⑥が10台

になりますが、3台の機種を4個所作るよりも設定⑥の総数が多くなるので、こういった場合も公約は成立します。

公約自体はなかなか強いので、開催店舗があれば積極的に狙いにいきたいイベントです。

女神っしょんの公約

女神っしょん公約

11割以上の営業
※割数は売上に対して景品を出した(お客に返した)

割合女神っしょんは必勝本イベントの中でいちばん強いイベントです。

この公約だと高設定がバンバン入りますね…

11割の営業だと5.6枚交換はちょうど分岐(チャラ)

等価交換だと完全に赤字の営業です。

開催されている店舗自体あまり見たことはありませんが、過去の結果記事を見ても期待できることは間違いなさそうです。

公約のハードルが高いので、月に数回の開催というよりはリニューアルなど、ここいちばんで集客したいときに使われます。

公約を守らなかった場合は、何らかのペナルティが店側にあるはずなのでガセることはないと思います。

但しイベントプロ、専業が必ずいますので朝の並び抽選は運にまかせましょう

スーパースター翔の公約

スーパースター翔公約

分岐営業(チャラ)

『少し赤字かチャラくらいにしてくださいね』といった公約です。

公約自体は申し分はないのですが、細かい縛りがないので開催する店舗次第になります。

しっかりとやる店はやる、そうでない店も存在するといった感じですね。

狙う場合は公式サイトで、そのお店の過去記事を見るなどして判断したほうがいいいでしょう。

ZEN(禅)の公約

ZEN(禅)

全台設定⑤⑥が1機種以上(3台以上の設置機種が対象)

比較的新しいイベントです。

公約はZENというネーミングから全台系で間違いないでしょう。

3台設置の機種を事前にP-WORLDなどで調べておくことをおすすめします。

DICE(ダイス)の公約

パチスロ必勝本 DICE

6台以上の設置機種から4機種以上がオール設定

パチスロ必勝本の新取材イベント。

ネーミングからして公約を想像しやすいです(ダイス=サイコロ)

サイコロの目は1~6なのでスロットに当てはめるとオール設定

6台機種なら設定①~⑥が各1台ずつ入る公約なので1/6で設定⑥をツモれます。

※10台機種の場合などは設定②~⑥が各1台ずつ、設定①が5台でも可

ちなみにオール設定の4機種のうち
①番長3
②バジリスク絆2
③マイジャグラーⅢ・Ⅳ
上記のどれかが必ず1機種は絡むようです。

昔に流行った公約ですが全台、並び、末尾など最近ワンパターン化しているので個人的には好きな公約です。

まとめ

今回は必勝本の取材系イベント公約を紹介しました。

パチスロの攻略雑誌が企画しているだけあって

●ユーザーの期待度を損なわない

●設定を入れる側(店側)も調整しやすい

ものが多いようなイメージを受けました。

おすすめは

  • Bakyun!
  • Bakyun!の上位互換(Ⅹ,O,L)のどれか
  • Zukyun!.
  • ドドンパ

それ以外にもイベントがありますが全体的にパチスロ必勝本はそれなりに信頼しても大丈夫な媒体かと思います。

ですが最終的に公約を守るかどうか、信頼できるかどうかは店次第ですのでご注意ください。