アツ姫 取材イベントの公約【2022年版】

アツ姫の取材イベントは種類が多く、新しいイベントが次々と追加されています。バージョンアップされているイベントも多いので、公約の条件や信頼性をまとめました。

ちなみにアツ姫の公約を覚えるにはちょとしたコツがあります。

  • ギガ〇〇⇒設定⑤⑥投入公約
  • プレミアム〇〇⇒設定投入公約
  • ゴールデン〇〇⇒2日連続で開催
  • プラチナ〇〇⇒3日連続で開催

全てのイベントに当てはまるワケではありませんが一応目安になるはずです。

目次
※ 注意事項
  • 公約内容は独自に調べたものです。
  • 公約はイベント媒体が保証しているものではありません。
  • 悪質な店舗では公約を守らないケースがあります。

アツ姫の特徴

アツ姫のロゴ画像

ホール情報誌「アツ姫」が開催する取材イベントで、満天スターシリーズや、GPL・SPX・TRIなどアルファベット3文字のイベントの開催が多くなってきました。

2020年まではイベント結果が非公開でしたので信頼度に疑問がありましたが、最近はは公表されるイベントも増えてきました。

アツ姫といえばガセイベントが多い印象がありましたが、少しずつ改善されているようです。上記の取材結果を集計したところ信頼度の高いイベントも少なくありません。

プレミアムジャッジメントS 公約

アツ姫 プレミアムジャッジメントSの画像

  • 設定⑥の5台並びが3か所
  • 全台設定⑥が3機種(3台以上設置している機種が対象)
  • 各列に設定⑥を1台(10台以上設置している列には2台)

上記3つの公約から1つが選ばれて開催されますが、稀に2つ選ばれることもあります。

攻略のポイントは2つ。

過去の開催データを見ると、一番上の「5台並び~」の公約では70%が機種跨ぎになっていました。つまり、2機種の境い目あたりの5~6台が狙い目になります。(過去に6台並んでいたことも少なくない)

3か所全てが機種跨ぎになっていたこともあるため、人気機種の両端に狙いを定めてはどうでしょう。

もつ一つのポイントは、Aタイプや沖スロも対象となります。

機会割りの低いジャグラーシリーズは特に選ばれやすい傾向があり、アイムとマイジャグの境い目などが狙い目です。

過去の開催を見ると、一番上と二番目の公約の開催数が多く、三番目(一番下)はあまり開催されていませんでした。

プレミアムジャッジメントP 公約

アツ姫 プレミアムジャッジメントPの画像

  • ボーダー+2.5の5台並びが3か所
  • 全台ボーダー+2.5が3機種(3台以上設置している機種が対象)
  • 各列にボーダー+2.5を1台(10台以上設置している列には2台)

プレミアムジャッジメントSのパチンコ版で、公約内容もほぼ同じ。上記3つの公約から1つが選ばれて開催されます。

一番上の公約が開催される場合、機種跨ぎになるケースがありました。ただ、スロット版のプレミアムジャッジメントSと異なり、パチンコ版ではあまり機種跨ぎになるケースは多くありません。

また、二番目の公約では10台以上選ばれることも少なくありません。人気機種(メイン機種)などで多台数の開催が見られます。

狙い目は10台ほどある人気機種、3~5台ほど設置している割と稼働がある機種がいいでしょう。

サラマンダーZ 公約

アツ姫 サラマンダーZの画像

  • 20スロ全体で分岐営業
  • 全台設定⑤⑥が2機種
    (3台以上設置している機種が対象)

上記2つの公約を同時に満たす必要がある強いイベントです。

サラマンダーZは2022年4月にできた比較的に新しい取材イベントですが、過去の開催データを見ると分岐営業はしっかりと守られていました。

また、全台系は2機種以上となっていますが、最大で6機種を投入したお店も見られました。

ギガキマイラ 公約

アツ姫 ギガキマイラの画像

  • 設定⑤⑥が50%(8台以上設置している機種が対象)
  • 設定⑤⑥が1か所(3台以上設置している機種が対象)
  • 設定⑤⑥が1列(6台以上設置している機種が対象)

上記3つの公約からお店が3個(重複あり)を選んで開催されます。

全ての条件を満たす必要はなく、一番上の条件を2か所、二番目を1か所のように重複することが認められているイベントです。

イベントのアイコンを見るとフェニックス+ライラプス+ヴァラーハの組み合わせになっていて、アツ姫のGPLと同様にアイコンが公約の内容を示唆しています。

アツ姫 ギガキマイラの構成と関係図

  1. フェニックス:割合系
  2. ライラプス:全台系
  3. ヴァラーハ:列系

過去の開催データを見ると、全台系を3か所に投入したケースもありました。

また、列系では機種跨ぎも見られましたので、同じ列なら機種が異なる可能性もあります。

取材結果は「全台系が1機種+割合系が2機種」の組み合わせが最も多く開催されていました。

ギガグリフォン 公約

アツ姫 ギガグリフォンの画像

  1. 全台設定⑤⑥を2機種以上(2台以上設置している機種が対象)
  2. 3台並びの設定④⑤⑥が3機種以上
  3. 機会割の平均が100%以上の5台並び

かつ、20スロ全体の10%に設定④⑤⑥

ギガグリフォンも2022年の夏に始まった新しいイベントで、取材結果も多くありません。

公約内容は上記の3つの条件を全て満たしつつ、低貸しを除くスロット全体の10%に高設定が入ります。この10%の中に条件1~3の台も含まれます。

公約の条件が多くてイメージが掴みにくいのですが「店内の20スロの1割が高設定で、2~3台並びの5か所が熱い台」といった感じになります。

FLASHジャック系

FLASHジャック系はジャグラーシリーズが対象です。

ジャグラーシリーズの特徴である「ペカる」ことから「フラッシュ」を連想させています。

過去の開催データを見ると並び系や全台系特定末尾といった傾向は見られないため、割合系の公約と考えられます。

公約の強さは、FLASHジャック < FLASHジャックNEO < FLASHジャックRUSHの順で、新しいイベントほど強くなります。

FLASHジャック 公約

アツ姫 フラッシュジャックの画像

ジャグラーシリーズが対象(弱)
ジャグラーシリーズが対象で、公約に強い縛りはありません。
アイム、マイジャグ、ファンキーなど、店内に設置している機種がほぼ同じ数だけバラバラに高設定が入る傾向があります。

FLASHジャックNEO 公約

アツ姫 フラッシュジャックNEOの画像

ジャグラーシリーズが対象(中)

上記のFLASHジャックと同様に、アイム、マイジャグ、ファンキーなど機種に偏りはなく、ほぼ同数の高設定がバラバラに配置される傾向があります。

全台系や並び系の公約ではありませんので、おそらく割合系です。

過去の開催データを調べると、高設定の割合は約20%~50%となっており開きはあるものの、およそ設置台数の3~4割に高設定が入っていました。

また、プラスで閉店を迎えた台には1,000枚に届かない台も多いことから、設定④も高設定として含まれているようです。

アツ姫の公式サイトでも取材結果のデータが不十分なため、もう少しデータが溜まれば正確な公約を示せると考えています。データが蓄積されたらまた更新していきます。

FLASHジャックラッシュ 公約

アツ姫 フラッシュジャックRUSHの画像

ジャグラーシリーズが対象(強)

上記のFLASHジャックNEOの上位バージョンです。

過去の開催データが少ないため、公約は予測となりますが、

  • ④を抜いた「設定⑤⑥を設置台数の3~4割」
  • 設定④⑤⑥を設置台数の4~6割

上記のどちらかに近い公約になっているはずです。

もちろん、他のフラッシュジャック系と同様にアイム、マイジャグ、ファンキーなど機種に偏りはなく、ほぼ同数の高設定がランダムに配置される傾向があります。

開催データが溜まったら更新していきます。

TRI 公約

アツ姫 TRIの画像

  1. 設定⑤⑥が3台並び
  2. 設置台数の10%に高設定

イベント名の「TRI」は高設定が3台並ぶことから、3重を意味するTRIPLE(トリプル)からきているようです。

同一機種とは限らず、バラエティーコーナーのように異なる機種や、2つの島をまたぐこともあります。

もちろん、ジャグラーシリーズや30パイもTRIの対象です。

過去のデータを調べてみると、

店舗設置台数高設定
店舗A390台52台(13.3%)
店舗B251台25台(10.0%)
店舗C103台11台(10.7%)
店舗D192台19台(9.9%)

このことから、お店の設置台数の10%に高設定を入れることが条件になっていることが分かります。一番下の店舗Dのように小数点以下は切り上げても許されるようです。

ギリギリ設置台数の10%に届かない場合は4台並べて条件をクリアしていることもありました。

また、マイナスで閉店を迎えている台が多いことから⑤も含まれているのは明らかです。

お店によっては④が含まれている可能性もあると思いました。

設置台数の多い大型店では、3台×2(計6台)や、3台×3(計9台)のように連続して高設定が並ぶこともあるので、設置台数の多いお店だと台を確保できるチャンスが高くなる取材イベントです。

SPX 公約

アツ姫 SPXの画像

  1. スロット全体の10%が設定⑥+3台機種の1つ全⑥
  2. 5台以上の設置機種に1台以上の設定⑥を投入
  3. 特定の末尾が50%の確率で設定⑥

SPX(スーパープレミアムエックス)の公約はGPLと同様に3つのイベント公約の複合型です。

まだ暫定的な部分もありますが、アイコンを見る限り、

  • プレミアムペルセウス
  • プレミアムヒュドラ
  • プレミアムスナイプ

GPLの信頼度が高いのでこちらのSPXも期待していいでしょう。

UPK 公約

アツ姫 UPKの画像

  1. 全台設定⑤⑥が4機種以上
    (2台以上設置している機種が対象)
  2. 設定⑤⑥の3台並びが2か所以上
  3. スロット設置台数の10%以上が設定⑥

最近のアツ姫らしいアルファベット3文字の取材イベントで、3つある全ての公約を同時に満たす必要があります。

アイコンから下記の3公約を足したものだと分かります。

  • 全台系のギガニャントロス
  • 並び系のNARABU無双
  • 割合系のプレミアムペルセウス

PPP 公約

アツ姫 PPPの画像

  • 3機種以上がボーダー以上
    (3台以上設置している機種が対象)
  • 2列以上の並びでボーダー以上
    (台跨ぎあり)
  • パチンコ設置台数の10%がボーダー+3

巷でささやかれている「パチンコの3列10割」なんて単純な公約ではありません。

過去のデータを見ると、少なくとも3つのイベントを複合したタイプであることは明らかです。

おそらく、ギガパチトロス+ガルム+プレミアムパチセウスですが、詳しく調べてみますので少し時間をください。

ヴァラーハ系

ヴァラーハ系は並び系(列系)のイベントですが、横並びとは限らず、通路をはさむように縦並びでも高設定が入ります。

ヴァラーハ系の店内レイアウトの画像

普通に横並びで高設定が入ることもありますが、島を貫くように縦並びになることもあるイベントです。

また「2列以上」が公約ですので3列に投入されたことも確認できました。

ヴァラーハ 公約

アツ姫 ヴァラーハの画像

全台設定④⑤⑥が2列以上

全④で並べられてしまうと魅力のないイベントになってしまうせいか、まったく開催されていません。

今後も開催される機会はないかもしれません。

メガヴァラーハ 公約

アツ姫 メガヴァラーハの画像

全台設定⑤⑥が2列以上

わずかですが開催されていて、3列に高設定が投入されていました。

ギガヴァラーハ 公約

アツ姫 ギガヴァラーハの画像

全台設定⑥が2列以上

ギガヴァラーハも開催数が少なく、今後もGPLやSPXのような人気イベントが選ばれることになるでしょう。

メガパチヴァラーハ 公約

アツ姫 メガパチヴァラーハの画像

ボーダー以上が2列以上

ヴァラーハ系の中では唯一パチンコが対象となる取材イベントで、他のヴァラーハ系とは異なり島を貫くような縦並びにはなりません。

どこのホールにもあるような20~40台程度の横並びの列が2列以上甘くなります。

ジャックランタン系

ジャックランタン 公約

アツ姫 ジャックランタンの画像

設定④⑤⑥が30%以上(ジャグラーが対象)

ジャグラーコーナー全体の3割に高設定が入りますが、④ばかり使われてしまう可能性があるので、やや弱い印象があります。

ジャックランタンOVER 公約

アツ姫 ジャックランタンOVERの画像

ジャグラーコーナーが分岐営業

ジャグラーコーナー全体でお店側の収支がプラマイゼロになるように設定が調整されます。

必ずしも設定⑤⑥が投入されるとは限りませんが、素のジャックランタンよりも期待できるイベントです。

シーサーペント系

シーサーペントは30Φ(30パイと呼ばれている大型メダル)の機種が対象です。

最近では、プレミアムハナハナ、ツインドラゴンハナハナ、沖ドキ!2、沖ドキ!DUO、チバリヨに高設定が入っています。

シーサーペント 公約

アツ姫 シーサーペントの画像

30Φコーナーの台から30%の確率で設定④⑤⑥が入る

公約は30Φにちなんで30%にしているのだと思います。

設定④がメインになってしまう店だとあまり勝負にならないので、過去のイベント実績もイマイチでした。

ただ、大負けも少ない印象です。

シーサーペントOVER 公約

アツ姫 シーサーペントOVERの画像

30Φコーナーが分岐営業
(店の利益がプラマイゼロ)

シーサーペントの上位互換なので④ばかりということにはなりません。

公約が分岐なので交換率によって高設定の数が変わります。

仮に等価交換で30Φ(ハナハナシリーズ)が30台の店だと④⑤⑥均等配分で12台くらいが高設定になる計算です。

5.6枚交換だと1/2(50%)が高設定になるはずです。

お店の方針にもよりますが、ツインドラゴンハナハナの実績が高く感じました。

ライラプス系

ライラプス系は全台系の公約で、対象となるのは1機種以上です。

ジャグラーシリーズも含めて3台以上設置されている機種には、ほぼ全てが対象になる可能性があります。

ライラプス 公約

アツ姫 ライラプスの画像

全台設定⑤⑥が1機種以上
(3台以上設置している機種が対象)

後述するオルトロス系は2機種以上を対象としていますが、ライラプス系は1機種以上が対象です。

オルトロスの登場で最近は開催数が減りつつあります。

ゴールデンライラプス 公約

アツ姫 ゴールデンライラプスの画像

全台設定⑤⑥が1機種以上×2日連続
(3台以上設置している機種が対象)

アツ姫の取材イベントで「ゴールデン」が付くと「2日連続」という意味になります。

公約内容は素のライラプスと変わりありません。

プレミアムライラプス 公約

アツ姫 プレミアムライラプスの画像

全台設定⑥を1機種以上
(3台以上設置している機種が対象)

ライラプスの上位バージョンで、設定⑥の全台系です。

結果が見えやすいため立ち回りやすい公約ですが、オルトロス系の登場で開催数はすっかり減っています。

オルトロス系

アツ姫を代表する全台系の取材イベントです。

全台高設定が「2機種」や「3機種」に投入される公約ですが、お店によっては1機種や2機種にしか設定を入れないことが少なくありません。

イベントアイコンに描かれている頭の数が対象となる機種の数を示しています。

オルトロス 公約

アツ姫 オルトロスの画像

全台設定⑤⑥が2機種以上
(3台以上設置している機種が対象)

過去のデータを見ると、設定⑤がメインだったり、設定④を混ぜているように見えるケースもありました。

公約を守って、2機種がしっかりとプラスで終えているお店の方が少数派かもしれません。

過度に期待せず「高設定は1機種しかないかもしれない」といった冷静な立ち回りが求められるイベントだと考えてください。

公約通りに入れている店があったら、かなりの優良店です。

ギガオルトロス 公約

アツ姫 ギガオルトロスの画像

全台設定⑤⑥が3機種以上
(3台以上設置している機種が対象)

オルトロスの上位バージョンで高設定が3機種になります。

ただ、過去のデータを見るとプラスで終わったのは2機種だけといったケースも珍しくありません。

オルトロス系は「たまたま出た」設定③④を「公約を守った」と言い張ることもできてしまう欠点もあります。

朝イチはまず、3~5台程度の機種を2つ探すことから始めてください。

プレミアムオルトロス 公約

アツ姫 プレミアムオルトロスの画像

全台設定⑥を2機種以上
(3台以上設置している機種が対象)

設定⑥に限定されるので、下位の取材イベントより公約内容が強くなっています。

しかも、同一店舗では月1回の限定開催の縛りがあるため、実績のある店ならしっかりと公約が守られている傾向があります。

ゴールデンオルトロス 公約

アツ姫 ゴールデンオルトロスの画像

全台設定⑤⑥が2機種以上×2日連続
(3台以上設置している機種が対象)

アツ姫の取材イベントは2日連続で行われると「ゴールデン」が付きます。

連続で開催するだけなので、熱さや公約内容はオルトロスと変わりません。

プラチナオルトロス 公約

アツ姫 プラチナオルトロスの画像

全台設定⑤⑥が2機種以上×3日連続
(3台以上設置している機種が対象)

アツ姫の取材イベントは3日連続で行われると「プラチナ」が付きます。

金曜~日曜日のように週末にかけて3日連続で開催されることが多くなっています。

ゴールデンオルトロスと同様に熱さや公約内容はオルトロスと変わりませんので、初日からガセってくる店舗は論外です。

パチトロス系

パチトロス系はオルトロス系のパチンコ版で全台系の取材イベントです。

「3台以上設置している機種」が対象ですが、人気機種が1列まるまる対象になることも少なくありません。

パチトロス 公約

アツ姫 パチトロスの画像

ボーダー+2が2機種以上
(3台以上の設置機種が対象)

2機種のうち1機種は3~6台ほどの機種、もう1機種は10~20台ほどの機種が選ばれる傾向があります。

「2機種以上」が公約なので、中には4機種を甘くしてくれるお店もありました。

過去のデータを見ると、しっかりと公約を守っているお店が多いように感じました。

ギガパチトロス 公約

アツ姫 ギガパチトロスの画像

ボーダー+2が3機種以上
(3台以上の設置機種が対象)

パチトロスから1機種増えて3機種が対象ですが、中には2機種しか出さない店舗も見受けられました。
素のパチトロスより公約を守らないお店が多く、2機種止まりというケースが少なくありません。

ニャントロス系

オルトロス系の下位バージョンで全台が高設定になるイベントです。

「ニャン」にちなんで2台以上や2機種以上を示唆しています。

ニャントロス 公約

アツ姫 ニャントロスの画像

全台設定⑤⑥が2機種以上
(2台以上設置している機種が対象)

オルトロス系は「3台以上」が対象ですが、ニャントロスは「2台以上」が対象です。

2台の機種は狙い目で、過去の開催でも1機種は「2台ぴったりの機種」が使われていました。

もう1機種は3~5台程度の機種が選ばれる傾向があります。

ギガニャントロス 公約

アツ姫 ギガニャントロスの画像

全台設定⑤⑥が4機種以上
(2台以上設置している機種が対象)

イベントのアイコンには猫が4匹(ニャントロスの倍)描かれています。

このことから対象機種が「2機種」から「4機種」になることを示唆しています。

過去の開催データを見ると4機種中2機種は「2台ぴったりの機種」が選ばれやすい傾向がありました。

残りの2機種は3~5台の機種が選ばれることが多いので、お店の設置台数を確認して狙い目を判断しましょう。

フェニックス系

フェニックス系はスロット全体の○○%に高設定を投入するイベントです。

フェニックス 公約

アツ姫 フェニックスの画像

スロット総台数の10%以上に設定⑤⑥を投入

週末に行われる空イベント色が強いので基本的にはスルー推奨です。

スーパーフェニックス 公約

アツ姫 SUPER フェニックスの画像

スロット総台数の15%以上に設定⑤⑥を投入

フェニックスの上位互換で、公約だけで判断すると期待度は中。

店内のスロット総台数の15%の投入率なので、その分ツモれる可能性は上がります。

実績のある店なら狙ってもいいかもしれません。

フェニックスNEO 公約

アツ姫 フェニックス NEOの画像

スロット総台数の10%以上に設定④⑤⑥を投入

公約の内容を見ると「フェニックス」の下位互換です。

設定④が中心になってしまう可能性があるため、立ち回りが難しい公約です。

過去の実績を見るとジャグラーシリーズや30パイ、ATなどまんべんなく高設定が使われています。

また、3台並びや4台並びといった使われ方をしたり、とびとびに高設定が入ったり、お店のクセが出るので良く知っている店舗なら狙ってもいいでしょう。

BLACKフェニックス 公約

アツ姫 ブラックフェニックスの画像

8台以上ある機種が対象で、その半数が設定⑤⑥になる。これが2か所(2機種)に使われる

公約が緩いので、しっかりやる店はやるし、やらない店はやらないといった内容です。

開催店舗をほとんどみかけません。

満台が見たい 公約

アツ姫 満台が見たいの画像

スロット設置台数の10%以上に設定⑤⑥が入る

フェニックス系の公約と内容が被りますが、信頼度はややこっちの方が上という印象があります。

特定日などに予定されている場合は期待していいかもしれません。

ヒュドラ系

ヒュドラ系は各機種に1台以上入った高設定を探すイベントです。

全台系のオルトロスなどと違い、いろいろな機種に高設定が入ります。

そういった意味で、バジリスク絆2や番長3のような全台系では選ばれにくいハイスペック機でもツモれる可能性があります。

ヒュドラ 公約

アツ姫 ヒュドラの画像

5台以上設置している機種に設定⑤⑥を1台以上投入

ギガヒュドラ 公約

アツ姫 ギガヒュドラの画像

3台以上設置している機種に設定⑤⑥を1台以上投入

ヒュドラ系はそこそこ人気ありますし、信頼できるお店ならツモりやすい公約です。

プレミアムヒュドラ 公約

アツ姫 プレミアムヒュドラの画像

5台以上設置している機種に設定⑥を1台以上投入

いつの間にかヒュドラシリーズにもプレミアムができていました。

イベントマークには5つの首を持つ竜が描かれているので、5台以上の機種が対象を示唆しています。

また、アツ姫イベントに「プレミアム」が付くと設定⑥が対象になるので上記のような公約だと解釈ですます。

ゴールデンヒュドラの公約

アツ姫 ゴールデンヒュドラの画像

ヒュドラの公約を2日連続
(5台以上設置している機種に設定⑤⑥を1台以上投入)

アツ姫の取材イベントなのでイベント名に「ゴールデン」が付くと「2日連続」という意味になります。

公約内容は普通のヒュドラなので過度な期待は禁物です。

据え置きに関する公約は含まれていませんので、2日目に行くときも安易に据え置かれていると決めつけず、お店のクセを考慮して立ち回る必要があります。

その点は下記の関連記事が役に立つかもしれません。

スナイプ系

スナイプ系は特定の末尾が高設定になるイベントです。

「末尾」とは番号の下一桁を指し、同じ末尾の台に高設定が入ります。

例えば「末尾7」なら、7番台や17番台、27番台など下一桁が7になる台に高設定が入るということです。

いろいろな機種に高設定が入りやすいという特徴もあります。

スナイプ 公約

アツ姫 スナイプの画像

特定の末尾が50%の確率で設定⑤⑥になる

50%の確率なので店側も設定を使いやすい内容で、設定⑤を中心に使われると判断が難しくなります。

設定⑥限定になるプレミアムスナイプの方がもちろんおすすめです。

ダブルスナイプ 公約

アツ姫 ダブルスナイプの画像

2種類の特定末尾が50%の確率で設定⑤⑥になる

「2種類の特定末尾」とは、下一桁が「3と7」とは「1と9」のように2種類の末尾を狙えるということです。

「ダブル」と名付けられている分、チャンスも2倍になりますがお店側としては使いにくいため設定④が入っているように見えるケースが少なくありません。

等価交換のお店では設定④も許容されている可能性があります。

この公約は下記のロイヤルスナイプと設定⑤⑥の入る数が同じになります。

ロイヤルスナイプ 公約

アツ姫 ロイヤルスナイプの画像

特定の末尾に全台設定⑤⑥が入る

設定⑤⑥が対象になので、設定⑤しか使わなかった場合でも公約違反になりません

反っている⑤が多いと見抜くのも難しくなるタイプの公約なので、機種の特徴(設定⑤の挙動)を知っていると有利です。

プレミアムスナイプ 公約

アツ姫 プレミアムスナイプの画像

特定の末尾が50%の確率で設定⑥になる

同じ末尾系でもプレミアムの方は50%の確率なのでロイヤルよりも高設定の台は少なくなります。

だだし、設定⑥に限定されるのでガセイベントにしくにい特徴があります。

スロットを300台設置しているお店なら特定の末尾に15台の設定⑥が入る計算です。設定⑥の機会割りが高過ぎない機種が狙い目になります。

ダブルプレミアムスナイプ 公約

アツ姫 ダブルプレミアムスナイプの画像

2種類の特定末尾が50%の確率で設定⑥になる

開催数は多くありませんがスナイプ系で最も強力なイベントです。

縁起を担いで下一桁「4」や「9」の台番を使わないお店では行われないでしょう。

キングオブスロット 公約

アツ姫 キングスロットの画像

スロットが対象

取材結果の数字は公表されておらず、写真のみが掲載されていました。

機種のタイプや台数などの共通性がなく、しっかりとした公約も設定されていないと思われます。

キングオブパチンコ 公約

アツ姫 キングパチンコの画像

パチンコが対象

しっかりとした公約はなく、取材結果も公開されていません。

過度な期待はせず「もしかすると釘を甘くしてくれるかもしれない」と考えておくべきイベントです。

絢爛華麗 公約

アツ姫 絢爛華麗の画像

ハナハナシリーズ対象だが細かい縛りはなし

ハナハナシリーズ(30Φ)が対象のようですが開催店舗をみると通常と変わらない感じです。

普段からハナハナを大事に扱っている店なら少しは期待できるかもしれません。

アニバーサリージャック系

ANNIVERSARY JACK 公約

アツ姫 アニバーサリージャックの画像

なし

アニバーサリージャックは、開店10周年や20周年などの記念日に行われるようです。

公約が特にないのでイベント自体に熱さは感じられませんが、記念日という点ではもともと高設定を使うお店は多いので常識的に考えれば高設定は入るはずです。

ANNIVERSARY JACK OVER 公約

アツ姫 アニバーサリージャックオーバーの画像

なし

アニバーサリージャックの上位バージョンですが、特に公約が決められていないため開催店舗の善意に委ねられます。

アツ姫編集部GO 公約

アツ姫 編集部GOの画像

なし

アツ姫編集部が取材と称して来店するというだけで特に公約はないようです。

イベントとしての公約(縛り)がないため、高設定を入れる義務もありません。

こういうイベントで高設定を使うケースは少ないと思います。

感謝感激取材 公約

アツ姫 感謝感激取材の画像

なし

特に決まった公約はありませんが、過去の開催データを見ると10~20台ほど設定⑤⑥が投入されているように見えます。

並び系や全台系の公約ではないので、高設定の台はバラバラに配置されています。

ペルセウス系

既に開催されていないペルセウスは別として、プレミアムペルセウスとプレミアムパチセウスは「全台系+設置台数の10%」という強力な内容になっています。

ペルセウス 公約

アツ姫 ペルセウスの画像

全台設定⑤⑥が2機種以上

公約内容の縛りが弱く、黙って開催したら誰も気が付かないレベルです。
そのせいか最近は開催数も少なくなっています。

プレミアムペルセウス 公約

アツ姫 プレミアムペルセウスの画像

  • スロット設置台数の10%以上が設定⑥
  • 全台設定⑥が1機種
    (3台以上設置している機種が対象)

設定⑤⑥ではなく⑥限定という強い公約内容です。狙い順は、

  1. 3~5台機種の全⑥を狙う
  2. メイン機種(10台前後)の設定⑥を狙う
  3. バラエティで設定⑥を狙う

プレミアムパチセウス 公約

アツ姫 プレミアムパチセウスの画像

  • パチンコ設置台数の10%がボーダー+3
  • 全台ボーダー+3が1機種
    (3台以上設置している機種が対象)

プレミアムパチセウスはパチンコの取材イベントで、プレミアムペルセウスの公約をそのままパチンコへ置き換えたものになっています。

狙い目もプレミアムペルセウスをパチンコに置き換えてみましょう。

ボーダープラス3回転の強い公約内容です。

ガルム系

スロットではなくパチンコの公約ですが、設定付きのパチンコが対象なので合わせて紹介しておきます。

ガルム 公約

アツ姫 ガルムの画像

設定付きパチンコの2機種が全台高設定

イベントマークを見る限り、オルトロスのパチンコ版といった感じです。

ちなみに全台④⑤⑥なのか⑤⑥なのか詳しいことは分かりませんので新しいデータが揃い次第、更新していきます。

設定が6段階存在しない機種もあるので、その辺はおおよその設定に置き換えて考えてください。

ギガガルム 公約

アツ姫 ギガガルムの画像

設定付きパチンコの3機種が全台高設定

ガルムの上位版で、ギガオルトロスのパチンコ版ともいえます。

設定が6段階ある機種であれば全台設定⑤⑥ですが、まだ信頼度が分かりませんので過信はしないほうがいいでしょう。