全台系とは?全台系になりやすい機種は?

「全台系」や「全台形」というキーワードで訪問してくれている方が多いので、今回は全台系について解説します。

結論からいえば、全台系とは「全ての台が高設定になるイベント」のことです。

パチスロの取材イベントで「全台系」や「全台系投入」などキーワードが出てきますので、具体例を挙げて説明します。

その後で実際に全台系になりやすい機種を一緒に見ていきましょう。

※ 注意事項
  • 公約内容は独自に調べたものです。
  • 公約はイベント媒体が保証しているものではありません。
  • 悪質な店舗では公約を守らないケースがあります。

全台系とは?

全台系とは、特定の機種や列などの全台を高設定にする設定方法です。

例えば、お店にイニシャルDが5台あったとすると、その5台すべてが高設定になります。

どうしてそんなことをするのかというと「高設定を投入するお店であることをアピールしたい!」という一点に尽きます。

5台のイニシャルDが全てメダルを山積みにしていればインパクトがありますし、来店したお客さんたちの目に留まるはずです。

店内でバラバラに高設定を入れても「たまたま出ただけ」とも捉えられますが、5台全てが出ていれば「偶然ではなく必然だ」と伝えることができます。

それが7月7日だったりすれば、お客さんたちは「来年の7月7日も高設定が入る」と期待してくれるでしょう。

2機種や3機種で全台系を投入していれば、よりアピール度も増します。

全台系の効果

つまり、全台系は「この店はすごく出している」という宣伝になるわけです。

お客さんが「明日は駅前の店に全台系の機種が入る」という情報を得ていれば朝から来店してくれます。

そしてヘビーユーザー、専業といわれている人たちに該当機種が知られてしまうと彼らは全力でブン回してきます。

ゲームの演出なんて全く見ていません。

食事休憩をとらずトイレさえ我慢していると思えるほどの速さで、平均すると9,000Gから10,000Gは軽く消化します。

そして閉店間近になると該当機種の周りにはドル箱が山積みになり、お店のアピールになるのです。

こういったメリットがあるので全台系が多くのお店で取り入れられています。

全台系の投入パターン

具体的な設定は、④か⑤か⑥のどれかが選ばれます。

パチスロ業界では設定④までが高設定とされているので③以下は使いません。

そして、全台系にはいくつかのパターンがあります。

全ての台を設定⑥にする「全⑥」
⑥⑥⑥⑥⑥⑥
設定⑤⑥を混ぜるパターン
⑤⑥⑤⑥⑤⑥
さらに設定④を混ぜるパターン
④⑤⑥④⑤⑥

他にも全ての台を設定④や⑤にする「全④」や「全⑤」などもあります。

ただ、全④ではどうしても勢いに欠けるため、イベントでは全④にすることは稀です。

お店の設定担当者は与えられた予算に収まるように、機種ごとの機会割りや確定演出・設定判別のしやすさなどを考慮して④⑤⑥の配分を決めています。

全台系はいつあるの?

平常時に全台系が投入されることはありません。

全台系を投入すればお店の利益は減ってしまうので、使うのであれば効果的に使いたいと考えています。

つまり、全台系の投入を広告費として使っているのです。

広告費を使うのであれば、より多くのお客さんに来店してもらって、メダルが山積みになっているところを目撃して欲しいと考えています。

ただ、パチンコ業界への規制が厳しくなっている今、お店は「明日、全台設定⑥を2機種」とか表立って言うことができません。

そこでイベントが活躍するのです。

取材イベント

現在、最もポピュラーな宣伝方法で、多くの取材イベントが開催されています。

お店は「明日はイベント日です」と言えないので、イベント会社がお店の代わりに告知するのです。

イベント会社は自社の媒体で「〇月〇日、□□秋葉原店へ行きます!ガッツリ出しているか取材してきます!」と告知します。

単に「イベント」と呼ばずに「取材」が付くのは、こういった仕組みからきています。

もちろん、イベント会社が勝手に行くわけではなく、事前にお店と連絡を取り合っているので、お店はイベント日を知っています。

そのときにイベントの公約に全台系があれば、お店の設定担当者はイベント日に合わせて全台系のプランを考えるのです。

例を挙げると、アツ姫ならオルトロス系、DMMぱちタウンなら双龍系などが全台系のイベントです。

※スケジュールは各イベント業者の公式LINEや公式サイトなどで知ることができますが、最近は規制が厳しいので表示されない地域もあります。

お店の定期イベント

お店によって7の付く日(7日・17日・27日)やゾロ目(11日・22日)など定期イベントを設けているところがあります。

また、3月3日や5月5日などもゾロ目として扱われることが少なくありません。

国道23号沿いにあるお店が毎月23日を定期イベントにしているというケースもありました。

これは特定日(旧イベント日)と呼ばれたりもします。

規制が厳しくなる以前から定期イベントを実施しているお店であれば、地元の常連さんたちが知っているので開催し続けることができます。

定期イベントを知る方法は地元のお客さんに聞く以外にも、スロットイベントの調べ方ページでも紹介しています。

ちなみに、設定担当者がホールの店員さんに設定を教えることはありません。

お客さんの中には「店員さんならどこに設定⑥があるか知っている」と思っている方がいますが、それはありません。

言いにくいことですが店員さんに設定内容を教えてしまうと友達に台番を教えてしまう可能性があるのです。

店長さんが自身で設定を入れるような中小店舗では、設定内容は店長さんしか知らないというケースも珍しくありません。

店員さんに設定を聞いても教えてくれないのは、ナイショにしているのではなく、ホントに知らないんです。

全台系になりやすい機種

お店が全台系を投入する際に悩むのが機種選びです。

全ての台が高設定になるので台数が多過ぎるとイベントの予算をオーバーしてしまいます。

かといって予算をケチっても効果が得られないので悩ましいのです。

参考までに私が設定を担当していた当時に選んだ機種は、

  • ライバル店にも置かれている機種
  • 設置台数が4~8台くらい
  • スペックが高かすぎず低すぎない
  • 設定判別が容易

上記の条件を満たすように機種を選んでいました。

全台形になりやすい機種の画像

最近の機種だとReゼロ、まどマギ叛逆、コードギアスR2ccあたりです。

ReゼロやコードギアスR2ccは早い段階でヘビーユーザーにバレてしまうので午前中からブン回されます。

もちろん、お店側としては「どんどんブン回してください」と思っているのでイヤな行為ではありません。

ギアスは差枚数も出ますし、お客さんからも好評でしたので何度か全台系に利用しました。

最近の6号機でいうとバジリスク絆2や番長ZEROが多くのお店で全台系の取材イベントに利用されています。

ただ、毎回同じ機種だとすぐにバレてしまうので、あえて人気のない機種で裏をかくこともあります。

全台系になりにくい機種

反対に全台系になりにくい機種の特徴は、

  • 設置台数が多い
  • 機械割が高い

このような機種は高設定を入れにくいので対象外となります。

6号機はどの機種でも全台系の対象になると思いますが、5号機ではバジリスク絆、番長3、ミリオンゴッド凱旋などは想定以上に出てしまうことがあるので設定担当者からすると怖くて入れにくいのです。

全台形になりにくい機種の画像

また、設置台数の多いマイジャグラーは対象外ですが、設置台数の少ないファンキージャグラーなら対象になることもあるのでお店の規模にも左右されます。

全台系を狙うのであれば、機会割が高過ぎない設置台数が5台程度の機種が狙い目です。